どれくらいの割合で妊娠線ができる?

妊娠線は妊婦さんが必ずできるものというわけではありません。できる人もいれば出来ない人もいます。そう簡単に妊娠線なんてできないだろうとたかをくくっている妊婦の方もいるのではないでしょうか。

では、妊娠線はどれくらいの割合でできるのでしょうか。あくまで確率ではありますが、全体の妊婦さんの60~70%の方が少なからず妊娠線ができてしまう傾向にあるようです。

この数字を見るとかなりの確率で妊娠線ができてしまうと言えるのですが、人によってはそれでも「3分の1の人は妊娠線ができないんでしょ?」と思うかもしれません。

どうしてできるの?

ただ、この確率はランダムに3分の1という訳ではありません。しかも、妊娠線対策を行ってもこれだけの確率になってしまうので、妊娠線対策をしないとかなりの確率でできてしまうかもしれません。

特に高齢出産の方、経産婦の方、乾燥肌の方、お腹が大きくなってしまうタイプの方などは、かなり高い確率で妊娠線ができてしまうと言えるでしょう。その割合は80~90%という高い確率になってしまうかもしれません。

しかも、できてしまうとなかなか自然には消えないのが妊娠線です。妊娠線対策はそれほど難しい事をするわけではありません。ですので、妊娠線ができないためにはできる限りの事はしておいた方が良いでしょう。

妊娠線対策をしっかりおこなっても、妊娠線ができてしまう事はあります。ただ、対策を全くしなければ、妊娠線の数もかなり多くなってしまう事でしょう。症状を最小限に抑えるためにもしっかりと対策した方が良いです。