妊娠線を防ぐマッサージ

妊娠線を防ぐためには、専用のクリームやローションを塗布して、乾燥を防いで保湿すること、柔軟性を保つ事が大切になります。ですが、ただ単にクリームやローションを塗布するだけでは十分ではありません。

もちろん潤いはアップするでしょうが、柔軟性がアップするとは限りません。ですので、クリームやローションで妊娠線対策をするのであれば、その際にマッサージをしてあげるということも大切なことです。

マッサージをすることで、固くなっている真皮や皮膚組織までより柔軟になるのです。柔軟性が増し、皮膚が良く伸びるような状態を維持できれば、お腹が大きくなっても皮膚が裂けて妊娠線ができてしまうのを防ぐことができます。

マッサージをする

マッサージの方法は、専用のクリームやローションなどにも記載されているでしょうし、最近はインターネット動画でも紹介されています。力いっぱい行う必要はなく、優しく動かす程度でも十分です。

毎日しっかりと行うことで、より高い効果が期待できるでしょう。ただ、マッサージが効果的とは言っても、クリームやローションを塗布しないで、とにかくマッサージするというのは止めましょう。

皮膚に潤いがないままマッサージをすると、摩擦によってさらに皮膚が傷ついてしまう危険性があります。あくまでクリームやローションで十分に潤わせてからマッサージするようにしましょう。

もちろん、お風呂に入りながらマッサージするというのか効果的ですのでやってみましょう。