旦那さんの手助けも必要

妊娠線を防ぐためには妊婦さん自身がしっかりと太らないような努力をして、またしっかりと専用のクリームやローションを塗布してマッサージする事が大切です。

ですが、実際は妊婦さん自身だけが頑張っても、なかなか解消できない、もしくは出来ない事も多いものです。そのため妊娠線を防ぐためには旦那さんの手助けも必要となります。

いくら妊婦さんがあまり間食をしないように、もしくは運動もしたりするとしても、旦那さんが非協力的だとなかなかそれもできないでしょう。

お願いする

甘いものを我慢しているのに、隣でバクバク食べていれば、やはりストレスにもなるでしょうし、上の子供がいる方は旦那さんが見てくれないと運動もできないでしょう。

そして妊娠線は下腹部などにできやすいので、妊婦さんは非常に見づらいものです。そしてクリームやローションを塗布してマッサージする事も、おアカが大きくなればなるほどやりづらくなり、しっかりとケアできるとも限らないのです。

そんな時に、旦那さんがしっかりとクリームやローションを塗ってくれてマッサージしてくれれば、お腹にも負担がかかりませんし、妊娠線ができているかどうかも日々確認できることでしょう。

妊娠中は旦那さんは何もする事がありません。協力しようと思っている方もいるのですから、その点をしっかり話し合いできる事は手伝ってもらうようにしましょう。

そうすることで、出産に向けて旦那さんも心の準備ができる、父親になるという自覚も出てくることでしょう。